寝つきで困っている人へ

寝つきで困っている人を見ても今まで共感できずにいました。仕事上薬局で勤めていると、不眠で薬をもらいに来る人も結構いますので不眠についてアドバイスをしたりなんかもしますが、自分はそういう悩みを一度も持った事がなかったので全く気持ちがわかりません。そして今もよくわかりません。

人間が寝るときのサイクルなのですが、だいたい体温が0.5~1度下がると言われています。
それをサプリメントで促そうとしているのが味の素から出ている。グリナというもの。

アミノ酸のグリシンを摂取する事で体温を下げる目的みたいです。

でもそんな事よりも物理的に体温を下げる事は可能です。お風呂に入って体温をあげて仕舞えば良いのです。
熱い風呂でなく少し温めの三十九度位のお湯に30分位浸かれば必然的に体温が上がります。そして体が冷えて体温が下がっていくタイミングで布団に入ると、スムーズに睡眠が取れると思います。

この時通常よりも体温が上がっている状態ですが、そこから下がるときでも、充分入眠効果はあります。

寝つきに関しては、日の光をきちんと浴びるという事も必要です。デスクワークなんかだとなかなか日の光を浴びる機会がないので、体内時計がきちんと働かなくなってしまいます。

日の光を浴びない場合体内時計というのは25時間なのですが浴びる事によって24時間に調整されます。

そして日の光を浴びてから14?16時間後に眠くなるように体はなっています。なので早めに寝ようとしても寝付かれないのはそういうところの原因もあります。

最後に、寝る直前までパソコン、スマホをいじっていると脳が活性してしまいなかなか眠れなくなってしまうので、寝る30分前にはネットを絶ってから寝る準備を始めましょう。